胡蝶蘭のお手入れ法

Pocket

開店祝いや新築祝いなどで胡蝶蘭をもらったけれど、どうやって育てたらいいのか、または、花が散ってしまったらどうしたらいいのかなどお悩みではないでしょうか。

カーテン高級感のある胡蝶蘭ですから、できるだけ長持ちさせて、綺麗な花を楽しみたいものです。花が散った後は、淋しくなりますが、うまく育てれば、また花を咲かせることができます。胡蝶蘭は、他の花より比較的強く、長持ちします。そこまで神経質になる必要はありませんが、温度や湿度、適度な水やりがポイントとなります。置き場所は、室内であれば、直射日光を避け、明るく風通しのよい場所に置くようにしましょう。また、水のやりすぎは根腐りの原因となりますので、注意が必要です。

そして、花が散った後のお手入れ次第で、胡蝶蘭の寿命が決まります。花がしおれたら逐一取り除くようにしましょう。また、胡蝶蘭を長く楽しむためには、植え替えも大切です。植え替えの時期は、4月から6月がおすすめで、2~3年に1度のペースですることをおすすめします。少しでも胡蝶蘭のストレスを軽減するためには、植え替え前の環境を引き継ぐことが重要です。胡蝶蘭の根の環境を上手に引き継ぐことができれば、植え替え後もすくすくと生長します。毎年、美しく華やかな花を長い期間にわたって咲かせてくれるようになります。

胡蝶蘭は一見育て方が難しそうですが、実際はあまり神経質にならなくても自然と育ちますし、綺麗な花を楽しませてくれます。このサイトでは、胡蝶蘭の基本の育て方から、花が散った後のお手入れ方法や植え替えのポイントなどをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。